3D Printed Fashion

Why 3D Printing? | なぜ今3Dプリントなのか

I have been very interested in this area and did a little research that I would like to share. As seen from the eyes of a fashion loving, non-couture-designer girl of the 21st century, I love the idea of 3D printing and the innovation that is about to happen in the fashion industry. 

前から気になっていた、3Dプリンティングとファッションが交差する部分について少し調べてみました。私はファッション業界で働いているわけではないのですが、いちファッション大好きな21世紀に生きる女子として、これから起こるであろうイノベーションにワクワクしているのです。

In The World of High Fashion and Haute Couture | ハイファッションとオートクチュール界では

As of today, most of the news about 3D printed fashion is in the world of high fashion, and seems like we won't be buying 3D printed T-shirts at H&M anytime soon. But, there are a lot of exciting projects that are happening, and the masterminds are getting together to experiment with this new technology.

現状では、3Dプリントとファッションの話題は、多くがハイファッションのコンテキストで語られ、日常的目にする例えばH&Mのようなブランドでカジュアルに手に入るようになるのは、まだまだ先のことでしょう。とはいえ、3Dプリントを使っていろいろな面白いプロジェクトが行われているようです。

LA based costume designer Michael Schmidt and Brooklyn based architect Francis Bitonti partnered with 3D printing market Shapeways to design, print, and build a stunning garment for Dita von Teese in March 2013.

2013年の3月に、LA在住のマイケル・シュミットと、NYを拠点とする建築家のフランシス・ビトンティは、3Dプリンティングのマーケットプレイスである Shapeways とタッグを組み、ディタ・フォン・ティースのために美しいドレスをデザインし組み立てました。

The special thing about this dress is that it is malleable and moves with the wearer. When I think of a "3D printed dress," I think of something like very hard plastic shaped like a dress; (probably itchy!) not the most comfortable garments you can wear. This malleability is made possible by 3,000 articulated joints which was printed with the pieces. 

このドレスの素晴らしいところは、柔軟性があり、着る人の動きに合わせて動くこと。従来、「3Dプリントのドレス」と聞くと、とても硬い素材で、かなり着にくく、チクチクしそうなイメージでした。このドレスの柔軟性は、3千もの小さいピースが組み合わせってできており、その接着部分にジョイントがあるからです。そして、そのジョイント部分もピースを印刷するときに一緒にできているのです。

Iris van Herpen has been working with 3D printed materials in her collections for quite a while. 

イリスヴァンヘルペンは、3Dプリントなどの革新的なマテリアルをコレクションに使ってきた。

CAPRIOLE – July 2011, Paris Haute Couture Week

CAPRIOLE – July 2011, Paris Haute Couture Week

WILDERNESS EMBODIED - July 2013, Paris Haute Couture week

WILDERNESS EMBODIED - July 2013, Paris Haute Couture week

WILDERNESS EMBODIED - July 2013, Paris Haute Couture week

WILDERNESS EMBODIED - July 2013, Paris Haute Couture week

The shoes were a collaboration with UNITED NUDE, which you may have seen on Lady Gaga. They worked with a 3D printing company Stratasys to make this complex form to life. 

このシューズは、レディー・ガガが着用したことでも有名な UNITED NUDE というブランドのデザイナーと、3Dプリンティング会社の Stratasys とのコラボレーションで生まれたとのこと。

Not exactly "high fashion", but Victoria's Secret again, partnered with Shapeways and Swarovski to create snowflake wings and corset for the models. 

こちらは「ハイファッション」ではないが、Vicotoria's Secret が Shapeways とスワロフスキー社とコラボレーションし、雪の結晶をモチーフとした羽やコルセットを制作した。

linsdaysnowflake_2733916a.jpg

A Bit More Wearable... | もう少し身近な例

So what are our realistic options? We could order 3D printed bracelets and rings from a lot of websites, but I don't know... will I really wear it for the sake of it being 3D printed? Probably not. It would have to be something that's obviously stylish, and not something that screams, "hey look! I'm wearing something 3D printed!".

実際のところ、普通の消費者としてのオプションは何なのでしょうか。3Dプリントされたブレスレットやリングなら、ネットで簡単に手に入りそうですが、実際それを着用するかというとちょっと…。目の肥えた私たちは、「3Dプリントされたものだから」という理由だけでは、身に付けるきにならないと思います。もっとスタイリッシュなオプションはないものか。

If you have been reading my blog, or you follow me on Pinterest, you may have noticed I have a slight obsession with nail art. So yes, there's something called 3D printed nail art in the modern world! (yay!)

このブログを読んでくれていたり、私の Pinterest をフォローしてくれている方はご存知かと思いますが、私はネイルアートを眺めるのが大好きなのです。そしてやはり3Dプリンティングの世界にもネイルアートがありました!

The Laser Girls has a cool blog and a Shapeways shop if you are interested. One set of nails is around $30 and can be reused, so I think it's worth giving it a try.

The Laser Girls というブランドで、ショップで買うこともできますし、ブログも可愛いのでチェックしてみてください。ネイルは1セットで3,000円くらいで、何度も付け外しできるそうなので、悪くないかも。もうちょっといろいろなデザインが出たら買ってみたいな。

The Future of 3D Printed Fashion

Will we be able to browse through designs at home on an iTunes like platform, purchase designs (or code, is what they call it), and print them out at home in the near future? How will we decide on what is counterfeit and what is not? Designers and fashion brands in the 2010s had to work with social networks; the better your community management and social media management is, the better your business and awareness became. My prediction is in the 2020s, they will have to learn to work with engineers, architects, and maybe even scientists to create innovations that can and cannot be printed or recreated.

今後、3Dプリントの iTunes のようなプラットフォームができ、デザイン(コードと呼ばれることもあるようです。)を購入し、自宅で印刷することができるようになるのでしょうか。デザインの盗作などはどう防ぐのか?2010年台は、ソーシャルの時代で、デザイナーやファッションブランドはいかにSNSを使いこなし、コミュニティ形成をするのかというのがかなり重要視されており、ブランド認知度に大きく寄与していました。(日本ではそれすらほとんどできていないですが…。)2020年台は、3Dプリンティングをはじめとする新素材を使ってデザインをするようになると、エンジニア、建築家、科学者などの異業種の人たちといかに協力し合うかということが成功の要因になると予測しています。そしてその協力により、簡単にコピーできない素晴らしい作品が生まれるのだと思います。

In the nearest future, I think customized 3D printed bras will arrive with huge demand. People talk about how important it is to get a correct size bra, so if you could make customized bra, it must be ideal to keep your stuff in the correct position. Just sayin' :)

近い将来には、個人にカスタマイズされたブラなんかが生まれるのではないかと予想しています。正しいサイズのブラを見つけるのが重要だと聞きますが、ひとりひとりが身体をスキャンして、その人にぴったりのサイズと補正をすれば、かなりいいのではないでしょうか。商品化、待ってます!